スマホえんきんの効果と評判は?スマホえんきんで目疲れや疲労感緩和

スマホえんきん

 

老眼といえば50代、60代の中高年をイメージするかもしれませんが、最近ではスマホの長時間使用により、20代〜40代でも老眼の初期症状を感じるひとが増加している傾向にあります。

 

この現象をスマホ老眼といい、スマホのゲームアプリを長時間使用することで目の筋肉の緊張状態が長時間にわたり続くことで、手元の文字が見えにくくなったり、ピントが合わなくなったりします。

 

スマホゲームのやり過ぎで目の疲れが溜まり、ひどい時には頭痛や肩凝りが併発されて身体的に大きな影響を及ぼす危険性もあります。

 

ファンケルが新しく発売した機能性表示食品のスマホえんきんは、若年層をターゲットとして目の疲労感を緩和するサプリとして、2017年3月17日から発売されました。

 

スマホえんきんの成分は?

機能性関与成分としてビルベリー由来アントシアニン(57.6mg)が配合されています。スマホえんきんの原材料名として、ビルベリーエキスやルテイン・ゼアキサンチン含有マリーゴールドエキス末が記載されています。

 

スマホえんきんの料金は?

約30日分(60 粒)・・・1,448円(税別)
約15日分(30 粒)・・・800円(税別)

 

※1日2粒を飲むペースとなります。

 

『えんきん』と『スマホえんきん』の違いは?

いままでテレビCMで放映されて有名になった『えんきん』と、今回発売される『スマホえんきん』の違いはなんでしょうか?以下が違いとなります。

 

えんきん

40代以降の中高年を対象にした目のピント調節力を高めるサプリ

 

スマホえんきん

20代〜30代の若年層を対象にした目の疲労感緩和サプリ

 

年代に合わせて目の悩みが違いますので、スマホの長時間使用による目疲れを感じているひとは、スマホえんきんを試してみましょう。

 

えんきんについて詳しく知りたいひとはこちらも参考にしてみてください。

 

【参考】えんきん1000円 | ファンケルお試しサプリの効果や評判