老眼を予防し、視力回復させるのに効果がある5つのこととは?

老眼

 

40歳過ぎてから近くの物が見えづらくなっていませんか?

 

手元が見えづらいひとは老眼の初期症状かもしれません。

 

老眼は歳をとると、老眼になりやすくなります。いわば老化現象です。
見えづらい状態で近くの物を見ていると、体調を崩す原因にもなります。

 

老眼になる眼精疲労や肩こり、頭痛など、ととても不便ですね。

 

今回は老眼を遅らせ予防する方法を説明していきます。

 

老眼予防には眼を休養させることが大事

 

仕事や趣味を眼を酷使させている人は、意識的に眼を休ませてあげる時間を確保しましょう。

 

眼の疲れは老眼の原因に繋がります。眼を休ませても疲れがとれない時は、
眼の上に温かいタオルをのせ、
眼の周りの血行を良くして疲れをとってあげましょう。

 

ずっとパソコンで、近くを見ていて眼が疲れている場合は、たまに遠くの緑木を見てみましょう。
それだけでも、眼のリフレッシュになります。

 

また、規則正しい生活をして、睡眠をちゃんととることも眼の休養となります。

 

老眼防止の生命線は栄養を摂っているかどうか

 

老眼防止には食生活も大切です。バランスよく栄養を摂ることが大切です。
眼に良いルテインが含まれている、ほうれん草やブロッコリーを食べると良いです。

 

その他にも、アントシアニンが含まれているブルーベリーや黒豆などを食べると効果的です。
また、ビタミン類も眼に良いので、それが含まれている野菜などを食べると老眼予防になります。

 

これらの成分をまとめて摂取できるえんきんのようなサプリもオススメです。

 

【参考】えんきんはAmazon(アマゾン)で買うと損する?実際に調べた結果

 

老眼の原因の紫外線を避ける

 

紫外線を浴びると視力低下や老眼の原因になります。
外に出る時は、帽子やサングラスをつけて紫外線を予防しましょう。

 

また紫外線の強い時間10時〜14時の間は外出を控えることも効果的です。

 

ストレスを解消すること

 

ストレスは老眼を進行させます。
そのため、溜まったストレスは解消すると良いでしょう。

 

好きなことをしたり、運動をしたりしてストレスを解消しましょう。

 

眼を鍛える

 

眼の毛様体筋が弱くなると、近くの物が見えにくくなり、老眼になってしまいます。
したがって、弱くなった毛様体筋を鍛えると、視力回復したり老眼の予防にもなります。
それでは、毛様体筋を鍛える眼の運動を紹介します。

 

<まばたきをする>

 

5秒間くらい力を入れて眼を閉じます。そのあとは1秒置きに10回ほど、軽くまばたきをします。
これが1セットとなり、1日2セットがおすすめです。

 

<眼を大きく回す>

 

眼を大きくゆっくりと回しましょう。
右回り左回りを2回ずつ回してあげましょう。
1日数回やってあげると眼が鍛えられ、老眼予防になります。

 

まとめ

 

老眼を予防するには眼を休ませることが重要です。
そしてバランスの良い食事をして、眼の運動をして老眼を予防しましょう。