【人気】シードコムスのDHA+EPAサプリやDHCのブルーベリー

目疲れ

視力回復のサプリを飲もうと思ったきっかけ

PCや細かな印刷や現物資料を読むお仕事が多く、そうとうに目や脳を酷使することが多いんです。

 

職場でみんなで並んで仕事をしていても、まわりのひとたちが頻繁に目薬をさしたり吐き気を覚えるほど、細かい作業が多いこともしばしばです。

 

あまりにつかれてひどいときには、色弱に近いほど色が判別できませんし、眼鏡やコンタクトで矯正しているのに、本の背表紙も見えない程目の調節ができないようなことまであります。

 

なんとかしなくちゃなあとおもいつつ、10代後半から、眼にも効果の高いサプリを自宅でいろいろと飲んでいます。

 

DHCの「ブルーベリー」や「野菜」

DHC

DHCの「ブルーベリー」が発売された当初から、とくに目を酷使するときには断続的に続けて飲んでいます。

 

もともと目の疲れが激しいので、ビタミンや色素などを積極的にとりたくて、自宅でこうした植物を「季節に収穫しておけば、一年くらいはもちそう」なほど沢山栽培しているほどです。

 

もともとコーヒーのポリフェノール効果にかなり依存する生活で、一日に濃いめのブラックで2Lは飲んでいるという生活でした。庭の無い物件などに住んでいるときは、さすがにこうしたものを毎日買う訳にはいかないので、サプリで補おうということでDHCの「ブルーベリー」を飲みはじめました。

 

さすがに内臓が痛くてつらいのでフルーツ中心など体に優しいサプリでなにかをと探していたところ、ブルーベリーのなかで含有量が多く、飲んだ後のカプセルの分解の時間やバランスも良く、その上でお値段が安く、効果の持続性も高いということで、ためしてみてかなりよかったので続けています。

 

同社の他の製品も比較して飲んでみたりもしているのですが、「この製品だけが」突出して高効果です。

 

シードコムスの「DHA+EPA」

DHAEPA

ブルーベリーなどは基本なのですが、それと組み合わせて生魚などを食べているとき、とくに目の調子が良いです。ドライアイ気味になることもありませんし、比較的、弱視化のような状態になるまで疲れることもありません。「それなら続けてみよう」とおもって当初はDHCやその他の企業のものを飲んでいました。

 

が、DHAなどは栄養のバランスがあまり良くない人には、多少多めに摂取すべきものです。30日用くらいのパックを購入しても、15日くらいしか普段は持たないため、もうすこし性能も良く、コストパフォーマンスも良いものを探していました。

 

たまたまインターネットの通販サイトで特売をしていてお試しで購入してみましたが、通常の2−3倍量を飲むのなら、コストパフォーマンスも高く、また日本製の質の良いカプセルで、わるくはないという感じです。

 

サプリを飲み続けた結果

なかなかバランスの良い食生活、しかも糖類やカロリー脂質などいろいろなものをおさえながらバランスをとり、かつコストもすぐれといったものを組み合わせるのが難しく続けられなかったのは他の多くの方々と同じです。

 

これにサプリを追加することで、とてもバランスが良く成りました。飲んでいる間は、目が見えなくなる時間もかなり減っています。

 

「目が見える状態のまま」もしくは「色の判別がつく」という状態のどちらかだけでもしっかり確保できないと、業務がおこなえない性質のお仕事なので、もう欠かすことはできません。

 

ブルーライト対策の眼鏡などがあまり効果として感じられない状態なので、サプリの成分だけによる内側からのケアが本当に便利で助かってます。

 

【オススメ記事】えんきんお試しサプリ